派遣でネットワークエンジニアを行うのに気を付けたい事

PAGETITLE
なかなか正社員として働くのが難しい今、派遣社員としてネットワークエンジニアの仕事に就きたいと考えている方も多いでしょう。しかし、派遣会社の担当のコーディネーターに十分なシステム関連の知識がないと、全然関係がない仕事を紹介されてしまう場合があるので注意が必要です。例えば、紹介されたのがネットワーク機器の検品作業だったというとんでもない話を聞いた事があります。エンジニアとしての仕事ではなく、単に、電源を入れた時にここのランプが正常につくかといった、単純作業だったそうです。このような事を回避する為には、担当の人が、どの程度のシステムに関する知識を持っているかをきちんと話し合って、確認しておく必要があります。

また、もし可能であれば、法人向けネットワーク機器の販売で有名なシスコシステムズが提供しているCCNAなど、ネットワーク関連の資格を取り、自分でアピールしていくと良いでしょう。たとえば、担当の人がミスマッチをして、面接をセッティングしても、この資格を持っているので、これに関連した仕事がしたいという話をすれば、相手企業もそれを考慮して、空いている枠で仕事を確保してくれるか、きちんと、そういう関連の仕事は募集していないという話をしてくれるので、関係のない仕事に就く可能性が著しく低くなります。また、派遣会社の担当者がどうしても知識レベルが低いと感じたら、担当者を変えてもらうのも一つの手です。自分がやりたい仕事に就けるかどうかは仕事の大きなモチベーションになりますので、妥協せずに色々なアプローチで仕事を探してみましょう。

Copyright 2017 需要が高い!ネットワークエンジニアの派遣 All Rights Reserved.